以前の記事
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
more...
仮病?
「おはよ~♪みんなおはよ~♪」
朝起きて、いつものようにみんなに朝の挨拶をしながらドアを開けた。
ダンナさんがじいさまを散歩に誘った時、異変に気付いた。

「あれ?じいさま、歩き方ヘンじゃない??」
というダンナさんの声。

見てみると、確かにヘン!!
左の後ろ脚をかばうようにしてて、チョンと付くだけで歩いてる。
でも、じいさまは外でしかちっこが出ないから、ダンナさんは抱き抱えて外に出てちっこをさせた。
その後、いつものように「ご飯ちょうだい♪」をしようとしてひっくり返っちゃった!
やっぱり、左の後ろ脚に力が入らないみたい...

近頃のじいさまはよくこんな事がある。
寝相が悪いのか、寝起きに手や足をかばってヘンな歩き方をするけど、大抵はしばらくすると元に戻ってる。
私たちでも、ヘンな寝かたして手や足が痺れる事があるから、そんな感じ?っていつもは思ってた。
・・・でも、時間が経って多少は改善したみたいだけど、やっぱりヘンなまま。
病院が開く時間まで様子を見てたけど、元に戻らないので診てもらう事にした。

先生は、いくつかの可能性を考えつつ、じいさまの脚を丁寧に触診したり、歩き方をチェック。
膝蓋骨の異常は、触診の結果可能性なし。
じん帯断裂の疑いも、本ワンが全く痛がっていないことから、考えられない。
骨折とかもしていない。

へっ?じゃあ、あとはナニ??

どうやら、一番考えられるのは「捻挫」だそうな。
夜中に何かの拍子に捻ったとか、滑ったとか、そんなところではないか?と。
朝一番に見た時の様子と、診察時の様子では、確かに改善してきてた。
その3時間くらいの間に改善してきたという事は、やっぱり捻挫の可能性が高いんだって。

そして、先生はこう言った。
「これはボクの意見ですけど、この犬種は『仮病する犬』だと思います」
どうやら、この病院の患ワンさんで、同じキャバリアの子数ワンが、同じように脚がヘンだと連れて来られて、「家ではヘンだったのに、病院では全く普通に歩く」って事があるらしい(; ̄ー ̄A)

考えてみれば、じいさまもよく「ナニ?仮病だったの??」と思う事があるのだ。
手や脚を引きずったりするので、優しくしてあげてると、元に戻ってたり、おやつとかを見たらいつも通りにはしゃいでたり(; ̄▽ ̄A)

今回は「仮病」じゃないらしく、ご飯の時もヘンだったけど、だんだん普通になってきてる。
でも仮病かと思ってたらホントに病気だった!!なんて事になっては大変だから、やっぱりこれからも「明らかな仮病」とわかる時以外は、病院へ行かなくちゃね!じ・い・さ・ま!!

          仮病?それは美味いものかのぉ?
          それにしても、前が見にくいのぉ...
d0001579_16595579.jpg

[PR]
by tyatya-hime | 2005-04-13 17:05 | ┗健康管理
<< 度胸ありすぎ! 旅立ち >>
トップ

我が家の愛すべきノルウェージャンたちとのお気楽で楽しい日々をメインに綴る日記です
by tyatya-hime
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
その他のジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧